JDPU第5回研修セミナー『デザイナーのための契約の知識と実践』 - JDPU(協同組合ジャパンデザインプロデューサーズユニオン)

< 「著作権とデザイン」セミナー報告 | 一覧表示 | IHPCクリスマスフェア 関西で活躍する人気建築家トークセッション >

JDPU第5回研修セミナー『デザイナーのための契約の知識と実践』

協同組合ジャパンデザインプロデューサーズユニオン メール・メモランダム No.231
KDOU MEMORANDUM

講師:泉谷 透(いずたに とおる)
2010 年 11月 26日[金]


クライアントから契約書を渡された! コレってこのままハンコ押しても大丈夫? 
契約書はトラブル防止の最大の武器ですが、知的財産に関わる契約書を読み解くには
少しばかり知識が必要です。
よくある契約書の事例を題材に、契約書の基本から条文のウラの読み方、
そこに潜むリスクや見積段階での注意事項などについてお話します。

講師プロフィール:弁理士・行政書士、基本情報処理技術者。
イズオフィス(泉谷特許商標事務所・行政書士事務所)代表。
大阪府行政書士会知的財産部会幹事・著作権相談員。
都市計画プランナー、民間企業の経営企画室長などを経て独立。
主に中小企業・クリエイターのための知財法務やコンサルティングが専門。
都市計画プランナー時代の環境デザイン計画業務、民間企業勤務時代の商品デザイン戦略
や特許・意匠・商標・著作権の管理業務を通じデザインのビジネス展開に関心を持つ。
デザイナーの知財への意識と知識の向上を応援して「弱い者の泣き寝入り」を防ぎたい。

 

日時: 2010年11月26日(金) 17:00〜19:00 / 16:30 受付開始
場所: 大阪産業創造館 5F 研修室B
    大阪市中央区本町1-5-5  TEL 06-6264-9800

※詳しくはPDF(1MB)をご覧ください。

▲ページトップ