「KCF(Kansai Creative Factory)推進シンポジウム」開催のお知らせ - JDPU(協同組合ジャパンデザインプロデューサーズユニオン)

< JDPUオープンセミナー2012 NO:16 科学が切り開くデザインの感性 | 一覧表示 | ODPセミナーVol.19 「2012年LED照明はどう動くのか?」 >

「KCF(Kansai Creative Factory)推進シンポジウム」開催のお知らせ

 〜 クリエイティブがつくる豊かな暮らしと関西パワー 〜
近畿経済産業局主催(近畿経済産業局からのお知らせ)

Kansai Creative Factoryの頭文字をとった「KCF」。関西独自の文化資源をいかし、新たなクール・ジャパンの創造を司るエンターテインメント拠点の形成を目指しています。 また、デザイナーとのコラボで生まれたプロダクトに見られるように、クリエイティブなデザインがものづくり企業の経営に果たす役割も高まっています。 リーディング産業として期待されるクリエイティブ産業を軸に、新たな観光コンテンツの創造を図るとともに、デザイン経営の普及につなげるため、「KCF推進シンポジウム」を開催します。

http://www.kansai.meti.go.jp/3-2sashitsu/KCF/240213sympo.html

【日時】平成24年2月13日(月) 開場 13:00〜 開演 13:30〜
【場所】大阪市中央公会堂 3階 中集会室(大阪市北区中之島1-1-27)
【参加費】無料
【定員】400名

■プログラム内容
これまで5度のトライアウト公演を終え、2012年4月1日より京都ART COMPLEX1928において本格的なロングラン公演に突入するノンバーバルパフォーマンス「ギア」。
そのプロデューサー・小原啓渡氏による基調講演と、デザイン経営を実践するものづくり企業とコラボするデザイナーとの共演によるデザイン経営リレートークをプログラム。
また、会場内では、近畿経済産業局選定の「関西デザイン・ポテンシャルマップ2011」掲載企業の製品展示を行い、同選定委員会の委員長である喜多俊之氏からのメッセージもお届けします。


◇基調講演「新しいタイプの観光コンテンツを創造する」
 小原啓渡氏(アートコンプレックス 統括プロデューサー)

◇ビデオメッセージ「ゆたかな暮らしを導く、関西デザインのポテンシャル」
 喜多俊之氏(プロダクトデザイナー)

◇デザイン経営リレートーク「ものづくり企業とデザイナーによるクロストーク」
・SEE OH! Ribbon(シオリボン)
 矢地繊維工業株式会社(福井県)×有限会社セメントプロデュースデザイン(大阪市)
・サイコロそろばん
 株式会社ダイイチ(兵庫県)×合同会社シーラカンス食堂(兵庫県)
・ブロック画鋲(BlockPin)
 有限会社和晃プラスチック(滋賀県)×ナカシマデザイン事務所(兵庫県)
・硬質ミルダン製L&D展示ブース
 丸一興業株式会社(兵庫県)×中田哲建築設計事務所(京都市)
・スフェラーランタン
 京セミ株式会社(京都市)×graf 有限会社デコラティブモードナンバースリー(大阪市)

詳しくはこちらのチラシをご覧ください
http://www.dan-dan.com/kcf_sympo/kcf_sympo_flyer.pdf

▲ページトップ