たらちねNIPPON:七月一日の感学講座
協同組合ジャパンデザインプロデューサーズユニオン メール・メモランダム No.341
JDPU MEMORANDUM

たらちねNIPPON:七月一日の感学講座

御戸代能(みとしろのう)感学

たらちねNIPPONの開催する、七月一日の感学講座「御戸代能(みとしろのう)感学」をご案内いたします。毎年七月一日に行われる上賀茂神社の「賀茂御戸代能」は、遠く孝謙天皇の御世(750)、御戸代田壹町をご寄進せられた時に端を発し、田楽・猿楽の行われた時代より続けられているまことに由緒深く古い伝統と長い永い歴史を持つ行事であり、したがって、日本能楽の先駆をなすものと考えられ、また、薪能の元祖とも云われている能楽であります。この由緒ある伝統的な御戸代能が、今年も境内『細殿』にて薪能として下記のような番組により盛大に催されます。是非感学ください。

●日時:平成27年7月1日(水)午後15:30(集合午後15:15)
●集合場所:上賀茂神社社 社務所前(雨天決行)
●講座参加費:?6,000-(鑑賞講座+薪能+お弁当)
●募集定員20名(先着順)締切:6月20日

●お申し込み
【ホームページより】
たらちねNIPPON(検索)感学講座ホームページ申込み欄
http://tarachine-nippon.com/item/2015/1009/
【FAXより】
添付の申込書(PDF)に所定の事項をご記入いただき、たらちねNIPPON感学講座事務局に送信ください。
FAX:075?361?7336

【当日のスケジュール】
1)午後15:30〜 薪能鑑賞講座「能・羽衣について」:参集殿にて
講師:井上裕久(賀茂御戸代能保存会世話人)他

2)講座終了後、薪能開演までの間
お弁当を食べながら「たらちねNIPPON」交流会(上賀茂神社内施設予定)

3)午後18:00 御戸代能・ 薪能 開演
□神歌(かみうた) 素謡:井上裕久  千才:寺沢幸祐
□高砂 (たかさご)  仕舞:大江又三郎
□岩船(いわふね) 仕舞:勝部延和
〈火入れ式〉
□狂言 清水(しみず) 太郎冠者 茂山 茂  主人 茂山逸平
■能 羽衣(はごろも)
天女:井上裕久 白龍:小林 努
大鼓:石井保彦 太鼓:前川光範 小鼓:曽和鼓堂 笛:杉 市和
*付祝言
(終了午後八時頃)

皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。
※申し込みは終了いたしました。

TOP
© since2017 JDPU.