JDPU研修セミナーNo:17 「大阪・デザインの明日を考える」

■これまで大阪では行政を中心としたデザイン振興が府と市で継続的に行われて来ました。長く続いた大阪デザインセンター賞、デザイナーと中小企業等とのマッチング事業、そしてセミナーなどのデザイナー育成事業、その多くは関西デザインの底力を支えて来たと言えるでしょう。でも、国全体のデザイン事業へのサポート体制が、アジア諸国に比べてはるかに低迷する中、地域独自の戦略が求められる状況が発生しています。いま、大阪府、市連携を見据えた政治的な動きの中、もう一度私たちの業界がおかれた状況把握を共有し次の活動の布石としていきたいと思っています。分野を超えて、職能を超えて、いま、府市民の想いにアクセスできる「大阪・デザインハブ」を提案します。

■セミナー講師  藤本 英子氏 京都市立芸術大学 教授

日  時:2012年4月20日[金] 受付18:00〜/研修会18:30〜20:00終了/交流会20:00〜21:30

定  員:80名(先着順)

受講料:組合員・学生 無料 / 一般 2,000円

交流会費:一律 1,000円

締  切:4月19日(木)

会  場:大阪市北区扇町2-1-7 扇町キッズパーク 3F
メビック扇町  交流スペース(3)

主  催:協)ジャパンデザインプロデューサーズユニオン

共  催:メビック扇町 http://www.mebic.com/ 大阪市北区扇町2-1-7 扇町キッズパーク3F

申込・お問合せ:
JDPUプロデューサー制度事業部<扇町オフィス>
大阪市北区扇町2-1-7 扇町キッズパーク3F
メビック扇町 プロデューサーサポートオフィス ブース#8
TEL:06-4866-6091 FAX:06-4866-6092

JDPUホームページ内のエントリーフォームよりお申込ください。
セミナー申込みフォームはこちら


藤本 英子氏プロフィール
京都市立芸術大学美術学部工芸科デザイン専攻卒業後、株式会社東芝に入社、デザインセンターからコンセプトエンジニアリング開発部にて大型開発プロジェクト事業の企画調整業務に携わる。公共空間デザイナーとして独立、建築士事務所設立後、2001年より京都市立芸術大学芸術学部デザイン科、大学院美術研究科で教鞭をとる。2005年博士(芸術)学位取得。国土交通省他、京都府下、大阪府下、兵庫県下の多くの自治体で景観や都市計画関連のアドバイザーなど、各種委員を務める。旅と地ビールと温泉と自転車をこよなく愛し、脳の使い方のメソッド認定講師の資格を持つ。

TOP
© since2017 JDPU.